名古屋で思い出の結婚式を!名古屋の結婚式場ランキング

HOME > 結婚式について > 名古屋の結婚式のしきたり・風習

名古屋の結婚式のしきたり・風習

 結婚式は人生で最大級のイベントであり、一度限りのことなので満足できる内容にしたいと考えるのは当然のことではないでしょうか。その中でも名古屋は結婚式に関するしきたりが他の都道府県よりもあり、派手で豪華な結婚式という風習があるというイメージがあります。名古屋の結婚式は飾り付けが豪華だったり、ゲストの人数も多いケースが多くお金がかかる式となることが大半です。派手にすれば良いという考えではなく、自分たちならではの個性的な式にしたかったり、こだわりがある人が多いのでこだわっているうちに自然と高額な費用が必要となってしまうのは当然のことではないでしょうか。しかし派手だからといって必ずしも高額な費用がかかっているばかりではないので、相場を考え納得できるないようにしていくことが大切です。

 名古屋ならではの風習の代表となるのが、結婚式で菓子まきをするということではないでしょうか。一昔前はお菓子をまく人は多く存在していましたが、近年では菓子まきはしないという若い世代の人が増えてきていることは確かです。それだけではなく名古屋の結婚式では、引き出物は重たくてかさばるものが喜ばれるという風習になっています。ゲストへの感謝の気持ちを表す方法として、引き出物の大きさや重さが重要視されており、両手で抱えきれないほどの量の引き出物となるのが良いとされていました。しかしそれも一昔前のことという考えをする人が多くなっており、近年では持ち帰りで手間をかける必要がなくなるようなコンパクトなものや軽いものが喜ばれる傾向にあります。参加するゲストによって内容は変えるべきではないでしょうか。

 結婚式では豪華な料理が振る舞われ、ゲストの満足度を左右するのも料理のクオリティというのは確かですが、一般的にはイタリアンやフレンチが多いのではないでしょうか。しかし名古屋では、結婚式の料理でも名古屋名物が振る舞われることも珍しくはありません。ひつまぶしやきしめん、ういろうといった名古屋ならではのものを振る舞うのが当然と考えている高齢者も中に入るので、高齢者のゲストがいる場合には名古屋名物を料理の一部に取り入れるというカップルが多いです。特に遠方から参加してくれるゲストが多い式の場合には、名古屋ならではのおもてなしをするという意味から名古屋名物が振る舞われたり、菓子まきなど名古屋ならではのしきたりを取り入れるケースが増えています。全国的にみても風習にこだわりのあるけん都道府県の一つではないでしょうか。

次の記事へ

カテゴリー