名古屋で思い出の結婚式を!名古屋の結婚式場ランキング

HOME > 結婚式について > 名古屋の結婚式場を選ぶならポイントを押さえて

名古屋の結婚式場を選ぶならポイントを押さえて

名古屋で結婚式を考えているのであれば、予算や内容に日取りなどを綿密に計画を立てて決めることが大事です。
しかし、いろんな式場があるので迷ってしまうのが現実です。
そこで押さえておきたいポイントをいくつか自分でピックアップをして、選ぶときの決めてにしましょう。
まずは、インターネットで挙式をしたい地域に、どれくらいの式場があるかをチェックします。
そして、自分達がかけれる予算というのを出していきましょう。
両親が出してくれるといっても、限度がありますからその費用を考えて探すことです。
他にも、ドレスや出されるお食事なども考えて、選ぶことをしましょう。
いくつかのポイントを押さえたら、後は見積もりをいくつか出してもらうことです。
それまでに、名古屋の結婚式場のイベントに参加をしてみて、どいうものかを確認しておきましょう。



東海最大エリアの名古屋の結婚式はココが違う

名古屋は東海最大の都市で人口230万人の大都市です。
結婚式激戦区と言われて久しいですが、最近は大手のブライダル会社も名古屋駅周辺・栄を中心に新店舗をOPENさせてます。
この地域の結婚式は昔から派手だと言われてます。
しかし、それも人それぞれでどんどん細分化が進み多くの要望をプランナーに伝えてます。
少し独特なのがこの地方の方々。
例えば、プロレスの入場シーンのようにしたいや本物の馬に乗って登場したいなど様々な要求があります。
また、プランナーもとても包容力がある方が多く、全力で一生に一度の大イベントを叶えさせてあげたいと思う方が多く、日本の中でも自由度がある性格の土地柄です。
見つけ方のコツはやはり気になる場所を見て、プランナーさんとの相性が合うところがおすすめです。
やはり人なので、この人にお願いしたいと強く思わなければ満足のいく式は上がられません。



今の名古屋の結婚式は親世代が張り切るようです

「名古屋の結婚式は派手」といわれていますが、今現在、実際のところはどうなのでしょうか。
結納から新婚旅行までにかる費用総額の平均は400万円前後。
この金額だけを見るとそんなに高いようには感じません。
実際、挙式を格安な平日のプランで行い、別日でレストランを貸し切りにし、会費制で開いたりもします。
招待した友人もゴージャスに着飾るのが名古屋流といわれますが、シンプルな方も多いように感じます。
黒いドレスよりも、ブルーや緑など、カラフルなドレスを来ている方も多くいるようです。
色で魅せるのは名古屋の特徴かもしれませんね。
派手さは残りつつありますが、今は、「身の丈に合った結婚式」を行うカップルが多いようです。
どちらかというと、「派手さ」や「見栄」などの気持ちが残っているのは親世代のほうかもしれません。
親が細かい指示を出したり、食事の内容や式場の要望、カメラマンからデータをもらって欲しいなど、やりたい放題です。
親世代が中心にならないよう、なるべく準備の段階から、夫婦そろって楽しく式を行えるようにしたいものですね。

次の記事へ

カテゴリー